ESL Hawaiiのおうちで英語教育

おうちで英語教育

低年齢化が進む英語教育。今では、学校でも習い事でも英語を学ばせることは珍しいことではありません。日本語を学び始める前の幼児期の子供にも、英語を学ばせる教材まで登場しています。

子供は生まれてから3歳になるまでの間に、脳にインプットされたことは、その後、コミュニケーションを通して、「英会話」としてアウトプットできるようになると言われています。

英語を、日本語と同じように習得させるには、以下の2つをポイントにしていくと良いでしょう。

281288_197892773598933_1490100_n

 

コミュニケーション

Communication

 

最近では、子供向けの英会話教室も増え、プリスクールやインターナショナルスクールに通わせるご家庭も多くなりましたが、学費は高額で、長く通わせるのは容易なことではありません。

「一般的な日本の家庭では日常的に英語を使って会話するのはなかなか難しいもの」と思っていませんか?

親が子供に家庭で英語を教えることは、決して不可能ではないと思います。子供がどのようなものに興味を持っているのかよく観察し、それに合う教材を用意してあげることは大事ですが、親の英語力が不十分でも、正しい発音はCDやDVDを活用すれば習得できます。また、日常のちょっとした会話を、英語に変えてみるだけでも、子供の英語に対する意識を変えてくれます。

児童英語教師・TECSOLティーチャーが教える!パパ・ママの子育て英語フレーズ集

↓Click! クリック

FullSizeRender-7 

Outdoor reading

 

英語での読み聞かせ

Reading to Children

 

日本語でも「読み聞かせ」というのは親子のコミュニケーション、語彙力や表現力を養ってくれるというメリットがありますが、それを英語で行うことで、「英語をより身近なものに感じる」「英語の語彙を増やす」「英語圏の文化に触れる」「想像力を養う」など多くのメリットがあります。読み聞かせをする親も、自然に英語力をUPすることができます。

Coming Soon!unnamed

お問い合わせはこちらから

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る