不登校からの留学

 

ハワイで再スタート!

S-GROUP

不登校をお持ちの親御さんは、

「自分の育て方に問題があったのでは?」

「まさか自分の子供が不登校?」

「親は何ができるだろう」

と自分を責め、落ち込んでいる方も大勢いらっしゃいます。 しかし、今や多くの不登校生がいるという事は、家庭だけの問題ではなく、社会に大きな問題があると考えざるをえません。

周りは、「 生徒S GRADUATION 自身が自覚してドアを開いて自己改革の行動を起こさなければ永遠に状況は変わらない」といっても、不登校の生徒にとっては、そう簡単なことではありません。

そこで弊社では、生徒の親御様、心理カウンセラーと手を取り合い、本気で生徒さんの復学に取り組んで解決しようと思っています。

弊社の一つの提案として、視野を広め、環境を変え、新しい世界をみてみるという点で「ハワイ留学」をお勧めしています。

「えっ?不登校なのに留学?」と思われるかもしれせんが、お子様のストレス傾向が高い日本の教育よりも、個性(人と違う事)や個人の意思を尊重する海外の教育システムの方が、不登校のお子様ににとっては上手く行くケースが多いと言えます。 ハワイは初めての留学に最適な場所です。天候がよく自然に恵まれていますし、人々は日本人をとても歓迎してくれます。

FutoukouPlan

弊社の提携校 多種多様な人種を受け入れるハワイアンミッションアカデミーでの留学生活。

A.正規中学・高校留学

ハワイアンミッションの卒業を目指す。 ハワイの豊かな自然、心温かな人々との触れ合いの中で、英語力と共に、自信と自立心を養います。

B.1年留学 

ハワイアンミッションでの1年間の留学生活。 1年間(2 semester)の留学生活後、日本での復学を目指します。

C.短期留学

ハワイアンミッションの短期(1学期:1 semester)留学生活。 1年以上の長期留学に抵抗のある方は、短期留学からお試しください。 長期留学への切り替えも可能です。

D.プチ留学&ホームステイ体験

ハワイアンミッションでの1日体験留学。 ハワイの自然と人々を触れ合い、本格的な留学へのステップとしてお考えください。

過去に、次の方をお手伝いしてきました。

  • イジメのために学校に行かなくなった生徒(学校に在学記録がありません。出席日数が足りないため、次の学年に進級できない)または、自主退学した生徒
  • 2年ほどヒキコモリの生徒(2年間の在学記録がありません)
  • 不登校で高校受験のできない生徒(出席日数が足りないために中学を卒業できない)

アメリカでイジメがない理由

アメリカでは学校でイジメが確認された場合は、すぐに学校側がイジメをした生徒とその両親を学校に呼び、退学処分が勧告されますので,イジメをする生徒がいません。 イジメを受けた生徒はイジメをした生徒ならびに学校に多額の補償金請求の訴訟を起こしますので,現実にイジメはほとんどありません。

アメリカでの不登校対策

アメリカで、ヒキコモリや不登校で単位を取れない場合は、ホーム・エデュケーションの一環として先生が生徒の家に行って個人レッスンで,単位を取得できますので,ヒキコモリや不登校の場合でも卒業が可能です。

「ハワイ」をお勧めする理由

ハワイでは日本人がとても歓迎されます。それは、他の人種と比較して、日本人や日系人の教育水準が高く、社会 的に成功されている方が多いためです。これは、ハワイ州のみに見られる特徴です。他の州ではありえません。

お問い合わせはこちらから

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る